最強のプロコン!?コスパ崩壊のコントローラー

playing relax game controller
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

スイッチのJoy-conは壊れやすいですよね。よくスティックが壊れると聞きますし、私が使用していたJoy-conもSL、SRボタンが壊れてしまいました。代わりのコントローラーをAmazonで探すとたくさんのプロコンが出てきます。

Amazon.co.jp: プロコン
Amazon.co.jp: プロコン

こんな沢山のコントローラーの中から選ぶなんて大変ですよね。そんな人のために、今回はおすすめのコントローラーと、絶対に買ってはいけないコントローラーを紹介しようと思います。

スポンサーリンク

買ってはいけないコントローラー

1.BEBONCOOL

Bitly

買ってはいけないコントローラーは、BEBONCOOLというものです。このコントローラーはとにかく品質が悪い。

スティックが最悪

BEBONCOOLのコントローラー

スティックが最悪です。うまく反応しないときがあってイライラします。デッドゾーンもひどいです。

スーパーマリオを遊ぶだけでも反応が悪くストレスになります。

ZL、ZRボタンがグラグラ

ZL、ZRがゴミ

また、ZL、ZRボタンがグラグラです。とっても不安定で押しづらい。壊れかけのJoy-conのほうがよっぽどマシです。 これだけはマジで買わなければ良かった後悔しています。

2.YOBWIN、MAXKU、Mibanasu、EZdenK、mkeetyなどのコントローラー

Bitly

次は、このような見た目をしているコントローラです。

こんなやつ

色違いのものもたくさんあると思います。ブランド名は色々ですが、すべて同じ商品だと考えてもらって大丈夫です

※すでに返品しているので画像はありません。

ボタンの押し心地が悪い

このコントローラーは、ボタンの押し心地が悪い!引っかかるんですよね。周りとこすれるような感じで気持ちよくボタンが押せません十字ボタンも同じく引っかかります音もするのでこれはダメですね。

スポンサーリンク

おすすめのコントローラー

GameSir T4 Pro

GameSir t4pro pc コントローラー iOS/Android/windows PCに対応 iphoneコントローラー Bluetooth · 2.4GHz · USB接続可能 接続遅延なし プロコントローラースマホゲームパッド搭載プロコン 二重振動 TURBO連射機能付き LEDバックライト機能 背面ボタン付き (ホルダー付き)
GameSir t4pro pc コントローラー iOS/Android/windows PCに対応 iphoneコントローラー Bluetooth · 2.4GHz · USB接続可能 接続遅延なし プロコントローラースマホゲームパッド搭載プロコン 二重振動 TURBO連射機能付き LEDバックライト機能 背面ボタン...

おすすめのコントローラーは、GameSir T4 Proです。

パッケージ

パッケージ
付属品

付属品としてはType-Cケーブル、本体、USBレシーバー、スマホ固定用パーツ、謎のシールと紙となっています。

見た目

LRボタンもついています。

RGB LEDがついていて、光ります。

特徴

このコントローラーにはたくさんの特徴があります。

対応デバイス

T4 Proは、iOS、Android、Windows、Switchなどに対応しています。USBポートがあるデバイスやBluetoothが利用できるデバイスなら基本利用できます。

背面ボタン

背面ボタンもついていて、自分が好きな操作を割り当てることができます。特定のボタンだけではなく組み合わせでも登録できるのでとても便利でした。

スマホ固定

パーツを使ってスマホをコントローラーに固定することができます。

コントローラーのくぼみに差し込んで、

固定できました。

USBレシーバー

このコントローラーにはUSBレシーバーが付属しています。

差し込んでみた

USBレシーバーをパソコンに接続してみると、普通に認識しました。

2.4Ghz帯ということもあって遅延も少なく快適でした。

スティックが神

スティックが神です。少し動かしただけでも反応するのでとてもストレスフリーで使うことができます。

HomeボタンでSwitchをスリープ解除

遠隔でスリープ解除出来たときは感動しました!

通常、Joy-conや純正プロコン、認証を受けているコントローラーであればHomeボタンでSwitchのスリープを解除できます。このコントローラーでもHomeボタンでスリープ解除することが出来ました!もしかしたら、認証を受けているのかもしれませんね!

3999円にしてはとてもクオリティが高く使えるデバイスも多いのでおすすめです!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、おすすめのコントローラーと買ってはいけないコントローラーを紹介しました。価格だけで購入する商品を決めるのではなく情報を収集してから購入するようにしましょう。最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

Language
タイトルとURLをコピーしました