eSIMを絶対にお勧めしない理由【手数料地獄】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんはeSIMについてどのように思っていますか。iPhoneやPixelなどのSIMがシングルスロットのスマホでデュアルSIM運用するときに利用することが多いと思います。しかし、何も考えずにeSIMに帰ると痛い目を見ることになるかもしれません。今回は私の経験も踏まえてeSIMをお勧めしない理由をご紹介します。

スポンサーリンク

eSIMはソフトウェアではなくハードウェア

SIMは小さなコンピュータです。内部にはキャリアの暗号を解くためCPUがあり、ショップで書き込んだ暗号鍵を利用して通信します。eSIMは物理SIMとは違いQRコードでプロファイルをキャリアからダウンロードして端末内書き込みます。内部にSIMがあるようなものです。

ここで勘違いしてもらいたくないのは「eSIMはソフトウェア実装ではない」という点です。内部には物理SIMに相当する部品が搭載されています。そのためソフトウェアアップデートでeSIM追加ということはあり得ません。

スポンサーリンク

eSIMのメリットとは

PixelのeSIMダウンロード画面

では、どのようなところでeSIMは物理SIMに優れているのでしょうか。理由は大きく分けて以下の2つです。

  1. iPhoneやPixelなどで複数の回線を利用できる。
  2. スマホだけで契約を完了できる

一般人にとってはこの程度の違いです。それ以外は基本的にeSIMと物理SIMの違いはありません

スポンサーリンク

eSIMをお勧めしない理由

ではeSIMをお勧めしない理由を4つ紹介します。

本体が壊れたりeSIMのデータが飛んだりするとショップでの手数料が確定

楽天モバイルを除く大抵のキャリアで契約回線以外でのeSIMの再発行手数料は有料です。ということはeSIMのデータが何らかの原因で消えてしまうと再発行が必要になりショップでの手数料が確定します。誤って地面に落として起動しなくなったり、eSIMのデータを削除したりしたときはどうしようもありません。物理SIMを使っていれば手数料はかかりません。

また、物理SIMでは「昔のスマホにさしてその場を凌ぐ」ということができましたがeSIMでそれをすることはできません。

移行にも手数料がかかる

新しいスマホに乗り換えるときにも手数料がかかります。eSIMのQRコードは1度しか使用できないので新しいQRコードを発行してもらう必要があるのですが、手数料がかかります。物理SIMなら差し替えるだけなので無料です。

一回でも移行に失敗すると再発行が無料なキャリアでも手数料がかかる

もしeSIMの再発行が無料のキャリアを利用していたとしても移行に失敗して手数料が必須になるパターンがあります。

私の場合iPhone SE3で利用していたY!mobileのeSIMをPixel6aに移行しようとしたところ一回移行に失敗し、このような画面(Reason Code: 3.8 サービスを有効にできませんでした)が表示されQRコードが利用できなくなりました。QRコードは一度きりです。もし一度移行に失敗するとショップでeSIMを再発行してもらうしかありません。Y!mobileの場合eSIMの再発行は契約している回線から申し込まないといけないので本体が壊れた場合でも手数料がかかります。

スポンサーリンク

結論:eSIMは使うな

これらのデメリットを見てわざわざeSIMを選びますか。eSIMにしようと思っている方はもう一度よく考えてみてから申し込むようにしましょう。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

Language
タイトルとURLをコピーしました