WPFで再起動を実装する

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

WinFormsの後継で高性能なWPF。使い勝手でも先代のWinFormsを大きく超えていると思われていましたが、一部の機能がなくなっています。そこでものすごく雑ですが再起動を実装する方法を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

プロジェクト作成

まずはWPFのプロジェクトを作成します。

スポンサーリンク

Windows Formの有効化

次にWindows Formの有効化を行います。

「このプロジェクトでWindows フォームを有効にします。」のチェックボックスをクリックして有効化します。

スポンサーリンク

コードを書く

そのあと、再起動のコードを書きます。たったのこれだけです。

System.Windows.Application.Current.Shutdown();
System.Windows.Forms.Application.Restart();

System.Windows.Application.Current.Shutdown(); でアプリケーションを閉じ、

System.Windows.Forms.Application.Restart(); でアプリケーションを起動しています。

適当にイベントにコードを張り付けてあげたら完成です。

※C#に詳しくないので裏でどのようなことが起こっているのかはよくわかっていません。ご了承下さい。

PorietBottle/RestartDemo (github.com)

コメント

Language
タイトルとURLをコピーしました