サーバーを移行しました リンク切れ等はこちらへお問い合わせ

【見栄えUP!!】パワーポイントで日本語と英語のフォントを分ける

あらすじ

フォントの重要性

パワーポイントで資料を作るときには、フォントの選び方が重要な要素となります。フォントとは、文字の形やデザインのことで、見た目だけでなく、読みやすさや印象にも影響します。游ゴシックやMSゴシック、メイリオはとても読みやすいフォントなのですが英文にするとデザイン性や可読性が損なわれてしまいます。

日本語の部分は読みやすいが、英文は少し読みづらくなっている

游ゴシックやMSゴシック、メイリオなどの和文フォントはひらがな、カタカナ、漢字がメインなのでアルファベットの作りこみが不十分な場合があります。そのため英語の名言や長文を表示する際に悪いイメージを持たれるかもしれません。

上の画像を見てみてください。MSゴシックとHelveticaの違いがよく出ていると思います。Helveticaは身の回りの様々な場所で使われているフォントでとても見やすいのですが、MSゴシックはそれよりも細くHelveticaより読みにくいことがわかると思います。

ただ、一つ一つフォントを変更していく作業は大変ですよね。

どこかのサイトからコピーしたのだとしたらその分から英語の部分だけフォントを変えていく作業…。この時間を削減するためにはどうすればいいのでしょうか。

そこで今回は日本語のフォントと英語のフォントを分ける方法を紹介します。

フォントの分ける方法

パワーポイントを作成

まず、パワーポイントを作成しましょう。万が一のことを考えて新規ファイルを作成することをお勧めします。

リボンの表示からスライドマスターを開く

次に、タスクバーの辺りにある「表示」を選択して、スライドマスターを開きます。

スライドマスターを開いた後は「フォント」を開き、「フォントのカスタマイズ」をクリックします。

出てきたウィンドウの「英数字用のフォント」の欄に英語で使いたいフォントを、「日本語文字用のフォント」の欄に日本語で使いたいフォントを指定します。

「保存」を押して元の画面に戻った後は設定が反映できているかどうか確認しましょう。反映できていれば英語と日本語でフォントが切り替わるはずです。

フォントは大切!

いかがでしたか。フォントはパワーポイントの大切な要素です。日ごろから気にかけるようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


あらすじ